堺市 債務整理 弁護士 司法書士

借金返済に関する相談を堺市に住んでいる方がするならどこがいい?

多重債務の悩み

自分1人だけではどうしようもならないのが、お金・借金返済の問題です。
金額が大きくなり、金利くらいしか返済できない。
借金返済に関しては、一人で悩んでいても解決するのは難しいものです。
堺市に住んでいる人も、まずはインターネットの無料相談で、弁護士・司法書士に相談してみては?
いきなり事務所へ行って直接相談するよりも、インターネットの無料相談の方が、気後れなく相談できるかもしれません。
もちろん、堺市の人でもOKな法律事務所や法務事務所を紹介しています。
1人で悩まず、弁護士・司法書士に相談するのが、借金問題解決への近道です。

堺市に住んでいる方が借金や債務整理の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

堺市の債務・借金返済の悩み相談なら、コチラの事務所がおすすめです。
弁護士が対応してくれて、しかも全国に対応している法律事務所です。
初期費用が0円だから、今の手持ちがなくても安心です。
代金の支払いは、分割払いでもOK。
弁護士への相談料金ももちろん0円!
借金の督促をストップすることも可能です。
個人再生、自己破産、任意整理、過払い金、など、借金・債務の悩みについて相談できます。。
しかも、無料相談窓口では365日24時間、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(通話代金0円)で相談受付してくれるので、お金に悩んでいる人も今スグ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国対応の、過払い・債務の悩みを相談できる法務事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、など、自分に適した方法で借金や多重債務の問題を解決に導きます。
また、過払い金の請求は初期費用0円、取り戻せた過払い金から精算できます。
任意整理においても、減額報酬や和解成功報酬などは一切支払わなくてよいため、安く解決することができます。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の方も安心して相談できることでしょう。
まずは気軽に無料相談を。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



街角相談所-法律-

街角相談所-法律-

堺市在住の人が借金・債務整理の相談をするなら、まずコレもオススメです。
「借金解決診断シミュレーター」という名の、インターネットでできる借金の診断ツールです。
とてもカンタンな5つの質問に答えるだけで、どう借金を減らすかの方法や、毎月返済する金額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり弁護士や司法書士に直接相談するのは、少し気後れする。
そんな方にもピッタリです。
しかも匿名で、無料で利用できます☆
好き全国に対応の法務事務所・法律事務所のサービスなので、堺市の人も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった5つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすか分かる!
  • 月々の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 匿名・無料で利用できる!
  • 全国対応!
債務・借金の悩み、無料&匿名で診断・相談してみませんか?
借金解決診断シミュレーター
借金解決診断シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の診断と相談を、匿名&無料で。

他の堺市近くにある法務事務所・法律事務所を紹介

堺市には他にも複数の法律事務所・法務事務所があります。参考にしてみてください。


●中谷優子司法書士事務所
大阪府堺市西区北条町1丁17-10
072-247-8820
http://office-nakatani.hp4u.jp

●田中司法書士事務所
大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通8
072-233-1167
http://tanaka-shihou.com

●はら(司法書士法人)
大阪府堺市堺区新町3-6
072-223-1560
http://hara-sakai-sihou.main.jp

●弁護士法人アディーレ法律事務所 堺支店
大阪府堺市 堺区戎島町4-45-1 ホテル・アゴーラリージェンシー堺 リージェンシープラザ1F
0120-316-742
http://sakai.adire.jp

●吉田法務事務所
大阪府堺市堺区向陵中町4丁4-1 三栄ビル3階
072-254-5755
http://office-yoshida.net

●松本司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町5-32 新町ビル 6F
072-221-5300
http://office-matsumoto.biz

●齋藤司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町3-3 ルネッサンスビル 5F
072-225-5101

●堺法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁4-27 小西ビル 6F
072-232-5188
http://sakai-law-office.jp

●フォーゲル綜合法律事務所 堺事務所
大阪府堺市堺区新町4-7 材庄ビル 4F
072-232-5400
http://vogel-law.jp

●シヴィル法律事務所 弁護士法人
大阪府堺市堺区南花田口町2丁3-20 住友生命堺東ビル3階
072-222-3120
http://civil.or.jp

●岩井司法書士事務所
大阪府堺市堺区南瓦町1-19 グランビルド堺東301号
072-238-4500
http://legal-counselor.jp

●関和男司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町5-4
072-222-3330
http://soseki.jp

●十三(司法書士法人)堺東事務所
大阪府堺市堺区中瓦町2丁3-23 堀ビル 4F
072-228-0084
http://13-office.jp

●あい司法書士法人 堺事務所
大阪府堺市堺区北瓦町2丁1-19 たつみビル
072-222-4411
http://ai-shiho-shoshi.jp

●堺けやき法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁4-27 小西ビル 5F
072-224-5654
http://keyaki-lo.com

●泉田法律事務所
大阪府堺市堺区新町4-7 材庄ビル 4F
072-222-1525
http://izuta-law.com

●五月法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁1-21 堺東八幸ビル 5F
072-221-1807
http://satsuki-law.gr.jp

●堺総合法律事務所
大阪府堺市堺区一条通20-5 銀泉堺東ビルディング 6F
072-221-0016
http://sakaisogolaw.net

堺市にある地元の司法書士や弁護士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ただ、「診断シミュレーター」やインターネットからの無料相談の方が、不安なく相談できる方も多いのではないでしょうか。

借金返済や多重債務に堺市で困っている場合

借金が増えすぎて返せなくなる原因は、浪費とギャンブルが大半です。
パチスロや競馬など、依存性の高い賭け事に夢中になってしまい、お金を借りてでも続けてしまう。
いつの間にか借金はどんどん多くなって、完済できない額になってしまう。
もしくは、ローンやキャッシングでブランド物や高級品をたくさん買い続け、借金も日増しに多くなる。
フィギュアやファッションなど、お金のかかる趣味につぎ込んでしまうのも、「浪費」といえるでしょう。
自分がこさえた借金は、返さなければなりません。
しかしながら、利子が高いこともあって、完済は生半にはいかない。
そういう時頼みの綱になるのが「債務整理」。
司法書士・弁護士に相談し、借金・お金の問題の解決に最も良いやり方を見つけましょう。

堺市/債務整理のデメリットとは|債務整理

債務整理にも多くの手法があって、任意でやみ金業者と話しあう任意整理と、裁判所を介す法的整理である個人再生または自己破産と、類が有ります。
じゃ、これらの手続きにつきどういった債務整理デメリットがあるでしょうか。
これ等3つの方法に共通している債務整理の不利な点といえば、信用情報にそれら手続きを行った事実が載る点です。いうなればブラック・リストというふうな状態になります。
そしたら、概ね五年〜七年くらいは、カードがつくれず借り入れができなくなったりします。けれども、貴方は支払金に日々苦しんだ末これ等の手続きを行うわけだから、もうちょっとの間は借り入れしない方がよいのではないでしょうか。
カード依存にはまり込んでいる方は、逆に言えば借り入れができない状態なる事で出来なくなる事で助かるのじゃないかと思います。
次に個人再生もしくは自己破産の債務整理デメリットですが、官報にこれらの手続を進めた旨が記載されてしまうという事が上げられるでしょう。しかしながら、貴方は官報等読んだことが有りますか。逆に、「官報って何」という人の方が多数じゃないでしょうか。
実際、官報は国が作成する新聞の様な物ですが、貸金業者等々のわずかな人しか見てません。だから、「破産の事実が周りの方に広まった」等ということはまず絶対にありません。
最終的に、破産特有の債務整理デメリットですが、一度破産すると7年間、再び自己破産は出来ません。これは十二分に注意して、2度と破産しないようにしましょう。

堺市|個人再生って、弁護士と司法書士、どちらに依頼する?/債務整理

個人再生をおこなう場合には、司法書士、弁護士に相談する事が出来るのです。
まず、司法書士に個人再生の手続をゆだねた場合は、書類作成代理人として手続をおこなっていただくことができるのです。
手続きを実施する場合には、専門的な書類をつくり裁判所に出すことになるのでしょうが、この手続きを任せる事ができるから、面倒くさい手続をおこなう必要が無くなってくるのです。
但し、司法書士の場合、手続の代行処理は可能なんですけども、代理人じゃないために裁判所に出向いた場合に本人にかわって裁判官に答える事ができません。
手続を行っていく中で、裁判官からの質問を投げかけられる時、ご自分で回答しなければならないのです。なりません。一方、弁護士の場合では、書類の代行手続だけではなく、裁判所に行ったときには本人に代わり答弁を行ってもらう事が出来るのです。
弁護士は、個人再生を初めとする債務整理手続に慣れている情況になりますから、質問にも適格に返事する事が出来るので手続きが順調に行われるようになります。
司法書士でも手続きを実施することはできるのですが、個人再生について面倒を感じる様なことなく手続をしたいときに、弁護士に任せた方が安心出来るでしょう。

関連ページの紹介